絵手紙

君子の絵てがみ2021~夏を楽しむ~

皮ごとたべられて種もない
ブドウの中でも高価ですが、描くためには仕方がない。食べたい一心で、早く描こうとします。そう言う邪心があると失敗します。

暑さのりきるなつ野菜
大ぶりのナスとズッキーニ、赤のミニトマトが欠かせません。特に真夏の野菜は、体調を整えるのに大切です。ニガテでも食べましょう。

儚さをひめて佇む
今年も所どころに咲き始めました。早朝に開花してお昼にはしぼんでしまいます。ひとつひとつの花の命は短いですが次の日には次の蕾がひらくので長く楽しめます。

見ごとな輝き
知人の丹精込めた庭にある房スグリの枝を惜しげもなく手折って私にくれました。そんな時はその思いを大切に尚いっそう懸命に描きます。

満天の星につつまれる
暑さに向かう中、涼しさを届けたいと思い描きました。ハガキをウチワの形にカットして、ハガキの上にのせて網の上に絵の具をのせ、ブラシでスパックリングしました。